森本慎太郎主演の映画「スノープリンス」、昨年は2つの記事を関連で出してました。

映画「リトル・カントリー」であの人が映画デビュー

森本慎太郎、映画「リトル・カントリー」で初出演・主演に抜擢

昨年は仮題になっていたのが「スノープリンス」に決定し、そのあと大きな記事になったのがこの記事

「スノープリンス~」松岡錠司監督ら会見 5月12日 文化通信記事

 松竹配給「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」(従来は仮題「リトル・カントリー」)の製作報告会見が10日、ザ・プリンス パークタワー東京で行われ、松岡錠司監督、出演の森本慎太郎、桑島真里乃、香川照之、檀れい、マイコが出席した。

 プロデューサーが中沢敏明氏、脚本(オリジナル)が小山薫堂氏、配給が松竹、ロケが山形県庄内地方と、「おくりびと」の流れを汲む作品。昭和初期の雪深い寒村を舞台に、貧しい少年・草太と裕福な家庭の少女・早代との儚くも美しい物語。海外からの注目度も高く、すでに17ヶ国から問合せがあった。ジャニーズJr.の森本(11歳)は映画初出演にして初主演。草太を森本、早代を桑島、早代の両親を香川と檀、現代の早代(岸惠子)の孫をマイコが演じる他、浅野忠信、中村嘉葎雄、山本學らが出演。

 撮影は昨年11月から2ヶ月間、山形県庄内地方のオープンセットを中心に行い、今年4月に完成。製作委員会はテレビ朝日、セディックインターナショナル、ジェイ・ドリーム、松竹、電通、朝日新聞社、角川書店、エフエム東京、朝日放送、名古屋テレビ、北海道テレビ、九州朝日放送、東日本放送、静岡朝日テレビ、広島ホームテレビ、山形テレビ。制作はセディックインターナショナル。12月に丸の内ピカデリー他全国250スクリーンで公開される。

▼松岡監督の話 脚本の小山氏から“ピュア”というテーマを聞き、少年少女の無意識の淡い恋物語を清潔に表現するのが、監督である僕のテーマと考えた。結果として、彼の考えるところのピュアに結びついた。撮影中は海外展開のことは全く頭になく、無心に撮った。子供たちに見てもらいたい、でも決して子供騙しの映画ではない。純粋無垢な心、相手を思いやる心、真っ直ぐな気持ちを持って生きることは、昔ではなく、今でもとても大切なことだというメッセージを込めた。

▼森本の話 草太は自分とは全く違うので、役作りが大変だった。夜遅くまで台本を読んで、母にめちゃくちゃ指導された。吹雪の中での最後のシーンが撮り終わって、やっと終わったと思うと同時に、もっと続けたいという気持ちにもなった。共演者の皆さんとの再会が待ち遠しかった。

▼桑島の話 山形での撮影は寒く、風も強く大変だった。でも楽しかった。最後のシーンは本当にすごい雪で、無事に終わって良かった。

▼香川の話 2人の頑張りが映画を作っていった。2人を見るだけで自然と役になれた。子供にこんな過酷な撮影をさせて、監督は鬼だと思った(笑)。


このあと出てきたのがこれ

森本慎太郎がベルギー友好大使に 10月19日デイリースポーツ

 12月12日公開の映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」に主演したジャニーズJr.の森本慎太郎(12)が、同作のモチーフになったアニメ「フランダースの犬」の舞台となったベルギー・フランダース地方の友好大使に選ばれ、同じく大使となった兄貴分の中山優馬(15)とこのほど、アントワープ市内で会見を行った。同作のプレミア上映会を開き、地元の小学生とも交流。「ぜひベルギーでも上映して」とPRした。
  
 会見が行われたのは「フランダースの犬」で、少年ネロと愛犬パトラッシュが天国に召されたアントワープ市の聖母大聖堂。ネロがどうしても見たいと願ったルーベンスの絵「キリストの降架」の前で森本があいさつすると、鐘がガランガランと鳴り響いた。「スノー-」で演じた草太とネロが出会った瞬間だった。
 「スノー-」は昭和11年の山形を舞台に、絵の得意な貧しい少年・草太が、愛犬チビを通して幼なじみの早代(桑島真里乃)との淡い初恋を描く。「おくりびと」の脚本を担当した小山薫堂氏が「フランダース-」に着想を得て書き上げた作品だ。
 主演の森本は、小山氏、ドラマなどでの共演から“兄貴分”と慕う中山とともに「2つの作品の友情をつなぎ、日本とフランダースの友好と親善を深める」として「ベルギー・フランダース政府観光局友好大使」に任命された。任命式を行った聖母大聖堂では、世界初の会見も行い「すごい光栄でうれしい。ベルギーでも上映してください」とPRすると、同市の副市長から「公開するよう働き掛けるよ。君はいい大使になるね」と約束を取り付けた。
 さらに市内の映画館に地元小学生250人を招待して、ワールドプレミアを開催した。上映後は、感動して涙を流す子供たちも続出。森本は「ダンクウエル(ありがとう)。感動してくれてうれしかった」と目を丸くし、会場を去る子供たちと握手会ならぬ“ハイタッチ会”で交流した。


さて映画の主題歌なんですが、ジャニーズJrの森本慎太郎くんが「スノープリンス合唱団」として「スノープリンス」をリリースすることがわかりました。この情報はまだ公式サイトに出ていないのですが、いくつかのサイトで予約自体を始めているようなので情報を解禁します。

スノープリンス合唱団 ニューシングル「スノープリンス」

*映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」の主題歌
[初回版・CD+DVD]
CD
1.スノープリンス
2.スノープリンス 合唱版
3.スノープリンス(カラオケ)
4.スノープリンス 合唱版 (伴奏)
DVD(約20分収録)
「スノープリンス」クリップ&メイキング
3面6Pジャケット/
森本慎太郎着ボイス(草太バージョン)ダウンロードID用紙封入/
映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」鑑賞割引券付

[通常盤・CD]
1.スノープリンス
2.クリスマスソングメドレー ※通常のみ収録
3.Bitter Moon ※通常のみ収録
4.クリスマスソングメドレー (カラオケ)
3面6Pジャケット/
森本慎太郎着ボイス(草太バージョン)ダウンロードID用紙封入(初回プレス分のみ)

Snowprince Choir - Bitter Moon & Love Together

公式サイトではまだ情報が出てきていないのですがおそらく11月1日に行われるこの試写会で正式に解禁されると思われます。


11月1日(日)ワンワンワンの日・チャリティイベント開催決定

純粋な少年・草太が、愛犬チビとともに過ごした日々を描く映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』のチャリティイベントとして、映画の特別映像の上映と、映画の原点となったアニメ「フランダースの犬」の上映を行います。当日は素敵な企画もご用意しております。

日時:11月1日(日)12:30開場(13:00開演)
会場:オリベホール(東京都港区六本木6丁目1-24)

上映作品:『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』特別映像、アニメ『劇場版フランダースの犬』(1997年劇場公開)
上映時間:約2時間を予定

このイベントは公式サイトで100人募集されましたがJohnny's netでも募集があったところをみるとおそらくこのイベントで解禁かと思われます。11月2日の芸能情報は注意してみる必要があるかもしれません。


あと耳寄りな情報、山形での撮影で使われた映画のセットが
庄内映画村オープンセット
で公開中です。

営業時間
春・夏期 4月~10月 9:00 ~ 17:00 (入場は15:30まで)
秋期 11月 9:00 ~ 16:30 (入場は15:00まで)

休村日 12月~3月

お問い合わせ
庄内映画村オープンセット
〒997-0131 山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山102
TEL:0235-62-2134 (お問合せ専用ダイヤル)


庄内映画村株式会社
〒997-0158 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29番地 松ヶ岡開墾場三番蚕室内
TEL:0235-62-2080 FAX:0235-62-5181