北欧の低価格雑貨店「タイガーコペンハーゲン」が日本に上陸したのが昨年7月、あれから9ヶ月経って強力なライバル店が出現、

その名も「ASOKO」


日本発の低価格雑貨店「ASOKO(アソコ)」大阪に初出店 2月25日 Fashionsnapから引用

 ファッションブランド「YEVS(イーブス)」などを全国に出店している遊心クリエイションが、リーズナブルな雑貨約1,000点を揃えた新ショップ「ASOKO(アソコ)」を3月2日に大阪・ミナミの南堀江オレンジストリートにオープンする。「サプライズをたのしもう!」をコンセプトに、オリジナリティを重視したプロダクトを提案。オープン当日から3月10日まではオープニングイベント「ASOKO NO MONO展」を開催し、クリエイターと雑貨のコラボレーションを展開する。
 Amazement(驚き)、Sophistication(洗練)、Open minded(オープン)、Kindness(優しさ)、Originality(独創性)の頭文字から名付けられた「ASOKO」は、遊心クリエイションの新業態として、カフェやブティック、雑貨、インテリアショップなどが軒を連ねるオレンジストリート(立花通り)に出店。カラフルな「SILICON KEY BOARD」(840円)や"¥"を象った「USB-HUB」(420円)、様々な動物をモチーフにした「HOOK」(315円)など、リーズナブルで質の高いプロダクトを通じて豊かな生活やギフトの楽しみ方などを提供する。また店舗上階の「堀江ギャラリー」で開催される「ASOKO NO MONO展」では、アートディレクターのシマダタモツをはじめ関西を拠点に活動するフォトグラファーやクリエーター20人が「ASOKO」のプロダクトをモチーフにした作品を発表。ギャラリー全体をアートで演出し、"モノをきっかけにしたコト的価値"を創出する。
 大阪では2012年7月、デンマーク発の雑貨チェーン店「Tiger(タイガー)」の日本第1号店「タイガーコペンハーゲン」がアメリカ村にオープンし、混雑の影響で一時休業(現在は通常通り営業)するほど人気。同年12月には心斎橋に100円均一ショップ「ダイソー」の西日本旗艦店が出店するなど、大阪エリアに拠点に構える低価格雑貨店が増えている。

■ASOKO(アソコ)
大阪市西区南堀江1-19-23前衛的ビルヂング1F
電話:06-6535-9461
時間:11:00〜20:00
定休日:無休
URL:http://www.asoko-jpn.com
オープン日:2013年3月2日