3月2日にOPENした南堀江の低価格雑貨店「ASOKO」、ホームページが3月7日になって見れない状態に。それに伴ってYahooで検索した時の順位が急速に低下し、5位にまで下がっています。
元々のホームページにはこんな文言が


ホームページをご覧頂き、誠に有り難うございます。3月2日より【 ASOKO 南堀江店 】をオープンし、たくさんのお客様にご来店頂けました事、心より感謝申し上げます。予想を超えるお客様にご来店頂き、連日入場制限をさせて頂く事態となっております。ご来店頂きましたお客様には大変ご迷惑をお掛けしております事を心よりお詫び申し上げます。現在、店内はたいへん品薄になっており、楽しみにお越し頂いたお客様にご迷惑をお掛けしております。
本来は、お客様に満足して頂けるサービスのご提供が大前提であるにもかかわらず、この様なご不便をお掛けしております事、重ねてお詫び申し上げます。次回、3月下旬に新商品を含めた大量入荷を予定しております。お問い合わせの多い人気商品につきましては、本ホームページにて随時入荷のお知らせを公開して参りますので、ご了承を賜れます様、何卒よろしくお願い申し上げます。引き続き、【 ASOKO 】をよろしくお願い申し上げます。


オープン時には3000人が行列をなし、土日は整理券入場、配布も昼過ぎで終わるなど「タイガーコペンハーゲン」の時と同様の混雑に。そして6日の訪問時も11時に行った頃には整理券配布になっており、入場が11時40分と40分待ち、午後には1時間30分待ちまで拡大していました。外から見るとわからないのがレジの混雑で3台あるレジはフル稼働で売り場の半分はレジ待ちの客であふれるために入場制限をしているよう。タイガーコペンハーゲンの時もレジ待ちが問題になりましたがここでもそれが起きていました。タイガーコペンハーゲンは売り場を削って今では8台がフル稼働していて割とスムーズなんですがここはどうなるんでしょうか。
IMG_0259.JPG
通りを歩く人はタイガーコペンハーゲンの方が街全体の人通りの多さもあって圧倒的に多いですね。ASOKOのあるオレンジストリートは人もまばらで中だけ混雑というギャップがあります。年齢層もタイガーコペンハーゲンは10代20代の若者が多いのに対してASOKOは20代以上30代40代の大人が中心2つは似ているようで似ない傾向があるようです。

南堀江・オレンジストリートの雑貨店「ASOKO」 商品紹介