2月公開の映画「奈緒子」、「恋空」のように上映館数が多くないからか観客動員ランキングは上位に来ませんでしたが別指標ではこんなうれしいニュースが。

上野樹里、三浦春馬主演の『奈緒子』が世代を超えた支持を集め、満足度レースを制覇
雑誌「Weeklyぴあ」調査による、2月16日公開の映画の満足度ランキングは、「週刊ビックコミックスピリッツ」に連載され人気を博した駅伝コミックを上野樹里、三浦春馬を主演に向かえ映画化した『奈緒子』が幅広い年齢層の観客から高い支持を集めトップに輝いた。2位には世界中のセレブリティの写真を撮影してきた女流写真家をドキュメンタリー『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』が、3位には前作に続き、ケイト・ブランシェットが苦難に挑む女王エリザベスに扮した『エリザベス:ゴールデン・エイジ』が入った。

今週1位を獲得した『奈緒子』は高校駅伝ランナーの雄介と、陸上部マネージャーの奈緒子のひと夏を描く物語。陸上部の夏合宿と、駅伝大会の模様が物語の大部分を占めることもあり、「走っている時の息使いや、足音だけで表現している部分があり、上手い演出だった」「協力してタスキを繋ぐ彼らと、一緒になれた気がした」「ひとつの目標に対してみんなで協力し合う姿を観て、胸に熱いものが込み上げた」など、ひとつのタスキを繋ぐために懸命に走る登場人物たちの姿に感銘を受けた人が多かった。また、本作は人気の高いコミックを原作にしているが「原作は読んでいないが、固い友情がチームワークに表れていて深く共感できた」という声が聞かれる一方で、「原作を読んだが、映画は話を凝縮させたことで良さが出ていた」との声もあり、原作ファン、未見の観客のどちらもが満足する作品に仕上がっているようだ。

その他、2月16日からはナタリー・ポートマン主演の心温まるファンタジー『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』や、ロシア映画史上、最大のヒットを記録したアクション大作『デイ・ウォッチ』などが公開されている。

春馬くんは3本映画が続きましたがこの「奈緒子」がいちばん素の春馬くんらしい感じがする作品、スポーツが題材の映画としては「キャッチアウェブ」に続いてですがそれとも違うさわやかで感動もあって、ぴあの記事ではないですがいろんな世代の人に見てほしい映画です。

映画・奈緒子
監督:古厩智之
出演 :上野樹里、三浦春馬、笑福亭鶴瓶、光石研、山下容莉枝
公開日:2008年2月16日
劇場情報:シネ・リーブル池袋、アミューズCQNほか全国にて
配給会社:日活

映画公式サイト http://www.naoko-movie.com/

上映映画館 http://www.naoko-movie.com/theater/index.html
今Gyaoで春馬くんのインタビュー動画が公開中です
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0051736/


(関連記事)
三浦春馬・角川映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」日活「奈緒子」に出演決定!

「奈緒子」映画ロケ撮影開始 エキストラ募集も

三浦春馬出演・映画「奈緒子」クランクアップ

三浦春馬主演 映画「奈緒子」始まる